本日もCCの対策問題。

※こちらはオリジナル問題のため、本番の試験のものとは異なります

問1.リスクマネジメントの目的として最も適切なものはどれですか?

A.情報システムのパフォーマンスを向上させること
B.組織のリスクを特定し、軽減または管理すること
C.組織の収益を最大化すること
D.従業員の満足度を向上させること

問2.次のうち、リスクの定義として最も適切なものはどれですか?

A.情報システムのパフォーマンス低下
B.予期せぬ脅威による損失の可能性
C.セキュリティポリシーの策定
D.ソフトウェアのバグ修正

問3.リスクアセスメントにおいて、リスクを評価するために考慮すべき要素はどれか?

A.影響と確立
B.コストと時間
C.技術と人員
D.環境と法規制

問4.次のうち、情報セキュリティの脅威の例として最も適切なものはどれか?

A.システム再起動
B.ファイアウォールの設定変更
C.経験の浅い運用者
D.ソフトウェアのバージョンアップ

問5.次のうち、脅威ベクトルの例として最も適切なものはどれか?

A.ネットワークの遅延
B.データバックアップ
C.フィッシング攻撃
D.ユーザーアクセス権の管理

問6.リスクの発生可能性を評価するために最も重要な要素はどれか?

A.システムのパフォーマンス
B.潜在的な脆弱性の数とその修正状況
C.ネットワーク帯域幅
D.ユーザー数

問7.リスクを識別するのは誰ですか?

A.経営陣
B.セキュリティエンジニア
C.全従業員
D.セキュリティコンサルティング

問8.リスクアセスメントのプロセスに含まれるステップとして適切でないものはどれか?

A.リスクの特定
B.リスクの評価
C.リスクの無視
D.リスクの対応策の決定

問9.リスク回避を実行する際に最も適切な行動はどれか?

A.リスクの影響を最小化するために対策を講じる
B.リスクが伴う行動を完全に中止する
C.リスクを受け入れ、継続する
D.リスクを第三者に転嫁する

問10.リスク受容の例として適切なものはどれか?

A.高リスクのビジネスプロジェクトを中止する
B.セキュリティ対策を講じずに、リスクを受け入れる
C.サイバー保険に加入する
D.セキュリティトレーニングを実施する

問11.次のうち、定性的リスク分析の特徴として最も適切なものはどれか?

A.数値データを用いてリスクを評価する
B.専門家の判断を利用してりすくを評価する
C.リスクの影響を金額で計算する
D.リスクの発生確率を数値化する

問12.リスク許容度の設定において、最も重要な要素はどれか?

A.セキュリティインシデントの発生頻度
B.組織のビジネス目標とリソース
C.最新の技術トレンド
D.従業員の満足度

問1.B
問2.B
問3.A
問4.C
問5.C
問6.B
問7.C
問8.C
問9.B
問10.B
問11.B
問12.B